※類似品にご注意ください

ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

古代石器

古代石器キャンペーン情報、岩手の渓流釣り、山菜などの情報もお届けします。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
モバイルサイト

携帯端末からのアクセスも同じアドレスで♪
RSS ATOM
とおのの銘石特性試験データ
(1)この「角閃石(かくせんせき)」は体を心から温める遠赤外線の放射率が40度で約98%となります。ほとんどの岩盤浴施設で使用されている「生効石」でさえも、遠赤外線放射率は94%となっています。
(データ元:神奈川県工業試験場/工試第5-280号)
 遠赤外線とは、波長5〜14ミクロンの不可視光線で、あらゆる生物に吸収され、分子の活動を活発にする有益な光線です。

(2)この「角閃石(かくせんせき)」は体に免疫効果や自然治癒力に必要な波動エネルギーも高く、麦飯石の7.5倍、トルマリンの17倍、備長炭の20倍の波動値(298,000)が出ています。体内波動は免疫系・成人病に対して特に高い数値を記録しています。(ラビエMRA−I型にて観測)

(3)この「角閃石(かくせんせき)」はマイナスイオンの効果も高いことが別表ではっきりと数値に出ています。(データ元:東京企躍波動測定室・登録No.391号)

(4)この「角閃石(かくせんせき)」は抗菌効果も試験として大腸菌200/mlに、水100mlと角閃石50gを入れて24時間経過すると大腸菌が3/mlに減少した効果が出ました。
又、ブドウ状球菌300/mlに、やはり水100mlと角閃石50gを入れ24時間経過した結果、10以下/mlと減少しました。
(データ元:岩手県医薬品衛生検査センター724N号)

(5)この「角閃石(かくせんせき)」の消臭効果としてはアンモニア及び硫化水素に対する消臭試験により効果が証明されています。(ユニチカリサーチラボ研究室・Y02-0774号)


とおのの銘石特性を各種機関において測定していただいたデータです。
※以下のデータの無断転載、引用を禁じます。
食品衛生適合試験


消臭効果試験




メソミル(農薬)除去率
社団法人岩手県薬剤師会会営 岩手県医薬品・衛生検査センター:第00-03405-01号
農薬除去率グラフ


※当社営業本部取扱材料に関しましては 出荷証明書を添付ます。

類似品、粗悪品にご注意ください!!